熱血拡大委員会

  • HOME »
  • 熱血拡大委員会

2019年度委員会運営方針         委員長  川田 大輔

~はじめに~

2019年度、林太介理事長、小倉聖彦副理事長のもと、八潮の未来を担う「熱血!拡大委員会」を担当させていただくことになりました。

入会2年目の経験が浅い人間が委員長という事になりますが、逆に新しい目線をもって、大胆に活動をして参ります。会員の皆様、忌憚のないご意見とご協力をよろしくお願いいたします

~運営方針~

【八潮青年会議所の現在と未来】

 近年八潮JC会員数は10名を割る状況が長らく続いております。

この流れのままでは、八潮JCとしての活動を発信し続けることはおろか、今後LOMの存続さえ脅かされる状況となりかねません。

 八潮JCにはやる気がある人間が集っていると、私は確信しています。事業を行う際のメンバーの目の輝きを見れば一目瞭然です。だからこそ、もっと良い事業、影響力のある事業ができるよう、会員拡大が急務なのです。

現メンバーである我々が、八潮JCの活動意義を真剣に考え、八潮JCの未来は我々の手の中にしかないという当事者意識、衰退させてはいけないという危機感を強烈に持たなければならないのです。

【会員拡大の為の具体策】

他LOMにおいても拡大に苦しむ団体は確かに多い反面、拡大に成功しているLOMも存在することは確かです。

良い例は倣うべき、基本のきを強化徹底し、八潮JCでも本年度内にメンバー15名まで伸ばす事を最大目標とし、下記の内容を実施して参ります。

拡大リストの有効化、共有化

新入会員獲得のためにPDCAサイクルを取り入れます。Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を拡大リストへ反映させ、いつ、だれが、どのように新入会員候補にアプローチしているのか、いけるのか、会員全員が閲覧できるように共有し、「活きたリストの作成・共有」を通年実施します。

新しい情報は更新し、常にチャンスの創出を意識していきます。

拡大戦略会議の定例化

月に1度以上の拡大会議を実施します。上記のリストをベースに、理事会後のわずかな時間でも、必ず拡大についての進捗を共有・議論し、危機感の持続と、反対に拡大に成功した時により達成感を味わえるように会議を定例化いたします。

オブザーバーの参加しやすいイベント考案と例会への勧誘強化

 名刺交換会や、セミナーなど、拡大につながりやすいイベントを考案し、拡大のチャンスが広がるよう努力して参ります。また従来の八潮JC例会への勧誘にも繋げていきます。

~おわりに~

2018年の12月に入会し、1年間八潮JCのことを隣で見てきました。

どんな活動をするにも、人数が沢山いれば更に充実した活動ができる!という組織としての現実面を目の当たりにし、また同時に八潮の誇る出席率の高い組織の素晴らしさも理解したつもりです。現メンバーがいる八潮JCを他の人にも味わってもらいたいし、誘いたい!

今後、八潮らしい「出席率の高い一枚岩の大八潮JC」を目指すことが一つの夢となりました。

 拡大委員長という重責を担った以上、その責任をポジティブに捉え、現状の人数に悲観するのではなく、人数が増加する楽しみを最大限に味わえるように、必死で模索して参ります。「拡大」をテーマに1年間自分がどういうアクションが取れるのか、楽しみでもあります。

まだ経験の浅い身分ではありますが、みなさん宜しくお願いいたします!

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 八潮青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.